• Home
  • 会員コンテンツ
  • 冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版)

冠攣縮性狭心症の診断と治療に関する
ガイドライン(2013年改訂版)のポイント

Webカンファレンス

冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版)
2014年3月27日開催分
狭心症 冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン(2013年改訂版)
‐ 改訂のポイントと薬物治療の展望 ‐

海北 幸一 先生 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 講師

ご所属は2014年4月現在のものです。
Chapter1:
主な変更点について(約5分)
Chapter2:
総論(診断基準/人種差)と診断(非侵襲的評価/侵襲的評価)について(約10分)
Chapter3:
薬物療法について(約10分)
Chapter4:
冠攣縮に関する諸問題について (約10分)
Chapter5:
視聴いただいた全国の先生方とのQ&Aセッション (約5分)

Meet the Expert

薬物療法を中心に、冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン (2013年改訂版)のポイント解説
薬物療法を中心に、冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン (2013年改訂版)のポイント解説

熊本大学大学院
生命科学研究部循環器内科学 教授
小川 久雄 先生

※ ご所属は2014年8月現在のものです。

診断を中心に、冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン (2013年改訂版)のポイント解説
診断を中心に、冠攣縮性狭心症の診断と治療に関するガイドライン (2013年改訂版)のポイント解説

熊本大学大学院
生命科学研究部循環器内科学 教授
小川 久雄 先生

※ ご所属は2014年8月現在のものです。