疾患編 (テキスト解説)

12. 高血圧の診察

高血圧の診察

高血圧かどうか、高血圧であればどのような病型なのかを診断するため、まずは病歴を確認します。高血圧の原因となる疾患や生活習慣、出来事の有無を確かめることは、特に本態性高血圧か二次性高血圧かを診断する材料として重要です。

二次性高血圧については『9.高血圧の種類』をご参照ください。

診察では身体所見を中心に確認します。血圧は安静座位の状態で測定します。初診時には脈拍および血圧の左右差や、血圧と脈拍の起立性変動を確かめます。肥満度はBMIと腹囲によって程度を評価します。

疾患編 テキスト解説一覧

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

アダラート®CR錠の製造プロセスを360°動画でご紹介しています。
くすりの里・甲賀の美しい自然環境に囲まれたバイエル薬品滋賀工場。
その知られざる内部を、360°動画でぜひご覧ください。

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性 Meet the Expert

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性
Meet the Expert

高血圧、狭心症に対するアダラートCRの新たな可能性についてエキスパートの先生方にご解説いただいております。

  • 追加バナー1
  • 高血圧治療ガイドライン2014 改訂のポイント
  • 薬剤師の先生向け情報サイト
  • 冠攣縮性狭心症 ガイドライン(2013年改訂版)のポイント