治療編 (テキスト解説)

23. Ca拮抗薬(特徴)

Ca拮抗薬(特徴)

Ca拮抗薬は各種降圧薬の中で降圧効果が最も強力であり、かつ副作用が少ないため、幅広い症例で第一選択薬として用いられています。合併症の有無に関わらず他の降圧薬と併用しやすい薬剤です。

Caチャネルの阻害により血管平滑筋を弛緩させ、末梢血管抵抗を減じることにより降圧作用を発揮します。

血管拡張作用があることから高齢者にも適しています。糖代謝、脂質代謝、電解質代謝に悪影響を与えないため、糖尿病や脂質異常症を有する高血圧患者にも有用です。脳や腎臓などの臓器血流を改善する効果があることから脳卒中や腎臓病を合併する高血圧患者に有用です。また、Ca拮抗薬はもともと狭心症治療薬として開発された薬剤ですので、狭心症(特に冠攣縮性狭心症)の既往のある患者に適しています。

[副作用]

動悸、頭痛、ほてり感、浮腫、歯肉肥厚、便秘などがみられることがあります。

ジルチアゼムなど非ジヒドロピリジン系Ca拮抗薬は心抑制のために心不全や高度の徐脈例には禁忌となっていますが、逆に、ニフェジピンを代表とするジヒドロピリジン系Ca拮抗薬は血管選択性が高く、強力な降圧に伴う頻脈傾向を呈することがあります。

治療編 テキスト解説一覧

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

薬の工場見学360°動画(アダラートCR錠)

アダラート®CR錠の製造プロセスを360°動画でご紹介しています。
くすりの里・甲賀の美しい自然環境に囲まれたバイエル薬品滋賀工場。
その知られざる内部を、360°動画でぜひご覧ください。

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性 Meet the Expert

医師が語る高血圧・狭心症の薬アダラートCRの新たな可能性
Meet the Expert

高血圧、狭心症に対するアダラートCRの新たな可能性についてエキスパートの先生方にご解説いただいております。

  • 追加バナー1
  • 高血圧治療ガイドライン2014 改訂のポイント
  • 薬剤師の先生向け情報サイト
  • 冠攣縮性狭心症 ガイドライン(2013年改訂版)のポイント